若年性認知症チェック

なぜ若年性認知症の早期チェックが大事なのか?

 

64歳以下で発症する認知症は、若年性認知症と呼ばれていますが、その中でも多い年代は40代〜60代だと言われています。

 

  • 寿命を考えたらこの先のかなりの年数どうするのか?
  • まだ家族を養っていかなくてはいけないのに ・・・
  • この年で家族に負担はかけられない ・・・

 

40〜60代の方では、こんな心配になる方がほとんどだと思います。

 

 

 

若年性認知症の治療薬は数種類ありますが、どれも症状を改善してくれる効果はありません。

 

一般的な治療薬は、病気を治してくれるための薬ですが、認知症の場合は進行を遅らせるだけで改善効果はないのが現状です。

 

 

改善する治療薬がないので、できるだけ早期から予防することを心がけて、その対策をしていくことが非常に大事だと言われています。

 

特に、若年性の場合は進行が速いといわれていますので、できるだけ早くチェックすることが必要です。

 

 

しかし現状はどうかというと・・・

 

加齢による物忘れだと思い込んで、進行するまで何もチェックせず、検査も受けない方がほとんどです。

 

病院に行った時点では、もう若年性認知症になってしまっている方、しかも軽度ではなく中度にまで進行してしまている方が多くなっているのです。

 

そうならないためにも、できるだけ早く、加齢による物忘れだと思わずに、まずチェックしてみましょう。

 

若年性認知症の簡易チェック

 

自分が若年性認知症なのかどうか??

 

 

若年性認知症なのかチェックしたいけれど、どうやってチェックすればいいのか?

 

 

そもそも認知症は、自分でも忘れていることにも気づかないのですから、もし若年性認知症になってしまっていたら、自分でチェックしようとしても正確にチェックすることはできません。

 

若年性認知症の場合、家族や周りの人が何かおかしいと気づいて、そこで始めて検査を受ける方がほとんどですから、自分で気づいてチェックしようという気持ちにもならないのが普通です。

 

 

ということは、まだ自分で変だな、チェックしないといけないと思っている時点では、認知症が進んでいる状態ではないのですから、その時点で早くチェックして検査を受けることが大事です。

 

 

まず簡単なチェックリストで、どれだけ当てはまるかをチェックしてみてください。

 

 

同じことを短い時間のうちに何度も言ったりする。
人や物の名前が出にくく、「あれ」「これ」などと言うようになった。
以前はあった関心や興味が失われ、やる気がなくなった。
どこに物をしまったか忘れることが多くなった。
時間や場所などの約束事を間違えるようになった。
計算の間違いが多くなった。
慣れている所で、道に迷ったことがある。
水道やガスの締め忘れが目立つようになった。

 

 

これは、一般的に若年性認知症の症状として出てくるもので、いくつか当てはまるようであれば、更に詳しくチェックすることをおすすめします。

 

若年性認知症を簡単にチェックする方法

 

若年性認知症かどうか心配だけれども、病院でテストや検査をするのはまだ早いかもしれない、少し抵抗があるという方には、簡単にできるチェック検査があります。

 

 

若年性認知症のチェックや検査で大事なことは、客観的に判断してもらうことです。

 

若年性認知症は本人が気づかないという点が一番問題なため、自分だけで行う方法には限度があります。

 

こちらの方法であれば、簡単にチェックできるので、時間や手間もかからずに、周りの人に知れることなくチェックと検査ができます。

 

 

あたまの健康チェック

 

認知症の前段階のMCI(軽度認知障害)の判定を行う電話テストです。わずか10分のチェックで、高い正確性を誇るテストで、米国内で行われた正確性検証の結果、97%の高精度で判別することが確認されています。その精度の高さから、アメリカでは2,500人を超える医師が利用する最も一般的な検査方法となっています。

 

 

軽度認知障害リスク判定検査

 

血液中の特定のタンパク質を調べることにより、アルツハイマー型認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)のリスクを、統計学的に確率を示す血液検査です。早期に発見し、診断を受けるためのスクリーニング検査ですので、“リスクが高い”と判定された方は、専門医の病院で2次検査を受けることもできます。

 

 

若年性認知症は早期発見がとても大事になります。

 

早期で発見できれば、そのための予防と対策はできます。

 

しかし早期発見できなければ、認知症は治療薬で治すことはできません。

 

この先の生活や家族に迷惑をかけないためにも、早期チェックと検査をしましょう!

若年性認知症を予防するには?

 

現在の治療薬では、若年性認知症を元の状態に戻すことはできないため、早期の予防対策を心がけることが非常に大事になってきます。

 

若年性認知症の予防として、毎日の食事や運動などの生活習慣に気をつけましょう。

 

若年性認知症の予防におすすめのサプリメント